胸の悩みは豊胸手術で解決|自分の胸に自信をつけよう

シリコンバッグの挿入

医者

3カップ分のバストアップ

乳房の膨らみが小さいことに、コンプレックスを抱いている女性は多くいます。パッドを下着に入れることで、衣服の上からは膨らみがあるように見せることが可能ですが、衣服を脱いだり水着になったりすると、膨らみの小ささがばれてしまいます。しかし昨今では、そのような見せかけの膨らみではなく、乳房の実際の膨らみを増やすという豊胸手術がおこなわれるようになっています。様々な方法がありますが、最もバストアップ効果が高いのは、シリコンバッグを挿入するという豊胸手術です。具体的には、3カップ分ほど一気にボリュームアップさせることができるのです。つまり、Aカップの乳房でもDカップの状態にできるということです。また、シリコンバッグには多くの形のものがあるので、乳房を好みの形にすることができます。

膨らみを取り戻すためにも

現在では、乳がんの治療により乳房の膨らみを失う人も増えてきています。病巣を手術で摘出することで、どうしてもその分、乳房はボリュームダウンしてしまうのです。しかし豊胸手術では、こういった乳房もボリュームアップさせることが可能となっています。病巣を摘出した部分に、皮膚の萎縮を防ぐ皮膚拡張期を挿入しておき、乳がんの治療が終わってから、その部分にシリコンバッグを挿入するのです。これにより、乳房の一部分が失われた場合はもちろん、大部分が失われた場合でも、美しい膨らみを取り戻すことが可能となります。豊胸手術により、乳房の小ささに悩む人も、乳がんにより膨らみを失った人も、女性としての自信を持つことができるようになりました。前向きに生きていくために、多くの人が豊胸手術を積極的に受けることになると予想されています。