胸の悩みは豊胸手術で解決|自分の胸に自信をつけよう

特徴、傾向、素材

胸元

胸をもっと大きくしたいと思う女性は多いために、いろいろな豊胸手術があります。豊胸手術と一口で言っても多種多様なものがありますので、選択するのに時間がかかりますし、悩んでしまいます。女性に最も人気のあるものは脂肪注入法ですが、この脂肪注入法も種類があります。主流であるものは、コンデンスリッチ法とピュアグラフト法の2つです。それでは、この二つはどのように違うのかというと、吸引してからの過程においても違いがありますが、そこまで大きく異なるものではありません。大きな違いが見られるのは注入量に対する濃度といっても過言ではありません。注入する脂肪量はどちらも同じ250ccですが、コンデンスリッチ法の方が濃度が濃いです。つまり、定着率が極めて高いのです。

豊胸手術はコンデンスリッチとピュアグラフトがありますが、これらの違いは大きいもので、コンデンスリッチ法が高い人気を博しています。しかしながら、いずれの方法であっても、自身の脂肪を使用しているので、素材としては最高級です。他の豊胸手術であるシリコンバッグ挿入法であれば、大幅なサイズアップを実現することができますが。食感や見た目が自然に見えない場合もあります。また、あまりありえないことですが、バッグの中身がもれることも想定されます。そうしたことを考えると、コンデンスリッチやピュアグラフトのような手術の方が優位性があるのは明らかです。実際に、患者の傾向を見てみても注入法の方が挿入法よりも受ける人の数は多くなっています。